<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

心を揺さぶるメッセージ

26日旭小学校職員懇談会に紙芝居作家の渡辺享子さんがお見えになりました。

 「平和」をテーマに先生方とPTAそして子供達も参加した懇談会でした。紙芝居パチパチ座が渡辺享子さん作「白旗を掲げて」と「コスモス」を演じました。小学校4年生の時に、広島に疎開した同級生が原爆で亡くなり、二度と戦争をしないようにとのメッセージを込めた第一作が「コスモス」です。
 戦争が終わって、ボロをまとったような浮浪児たちのいる所へ、渡辺さんは、夜に紙芝居のおねえさんとして訪ねました。近所の大人たちが電気を引き、ござを用意してそこで子どもたちは紙芝居のお話を、でんぐり返すほど喜び楽しみました。大人達が子ども達の悲しみ辛さに寄り添ったのです。 機械からの音声ではない肉声で語る紙芝居の声は、心をゆさぶる力がありました。
3月2日(水)午後1時から町民センター(視聴覚室) 
講演会: もっと知ろう紙芝居   講師 渡辺享子さん


       
a0130960_19484242.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-02-26 19:24

少しずつ始めましょう

20日文教大学の国際ボランティア学会に参加しました

 基調講演は第一回野口英世アフリカ賞を受賞したケニアのミリアム・ウェレ博士(女性医師)です。
アフリカのエイズ撲滅運動の主導者として活動しています。ミリアム博士は「社会を良くするためには、ボランティアの力がかかせません。お金や時間が無くても、身近な小さな事から始めて,ゆっくりと長い時間をかけてやりましょう」と語りました。          ケニアは500年間の奴隷貿易、100年間の植民地としての歴史があります。社会を良くするのは容易ことではありません。    博士の名刺のイラストにしっかりと根の張った樹が描かれています。できることから少しでも前進するよう行動しましょうという励ましに思えました。 マイケルジャクソンも音楽でこの世界をbetter placeにしようとしたのです。
明日27日はダイソー前で3月議会の報告をします。
          
             
a0130960_1803338.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-02-26 18:01
あいかわ町民サポートセンターを視察

 あいかわ町民サポートセンターは愛川町自治基本条例に基き、平成19年に公益活動の拠点として設立されました。
サポートセンターは町民の活動を支援する場です。運営は行政の臨時職員で、運営委員会はボランティアでやっています。
 打ち合わせなどに利用できるフリースペースがあり、パソコン、コピー機、印刷機が整備されています。 登録された100団体の情報紙が配置されていました。今年度は町民活動応援事業として、7事業に対して総額924,124円の補助金が支給されました。この事業は町民が自主的・自立的に行う公益活動に対して、  
町が資金的なバックアップをする制度です。                
 サポートセンターの広報誌に「みんなの町だから、みんなでいい町へ。協働はそのみんなで助けあい、知恵を出しあうまちづくりです。」と書かれていました。 

a0130960_21213814.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-02-19 21:23

たった一人の住民説明会

町総合計画「さむかわ2020プラン」改訂基本構想(案)の説明会

 2月13日と14日に町民センターで行われました。
計画の段階から町民が参画してまちづくりをすることが自治基本条例の趣旨です。住民説明会はこの計画に対して町民の意見を聞くために開かれました。
しかし質問は受けるが、意見は所定の用紙に書いて提出とのことでした。(3月11日まで) いくつかの質問に納得できる答えは何も返ってこず、書いたものを読んでいるだけでは住民の理解は得られません。 たった一人の住民説明会は、自治基本条例の理念である協働のまちづくりにあまりにもかけ離れています。  参加者ひとりでは「協働のまちづくり」は進みません     
        
a0130960_2058068.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-02-17 21:04

障害に応じた対応

障がい者制度改革推進会議の第一次意見がでました。

 6日、推進会議委員の東京大学院特任准教授 長瀬修氏からお話を伺いました。推進会議は、国連の「障害者の権利条約」の考え方にあわせて、日本の法律や制度をかえていき、障害のある人を暮らしやすくすることです。平成22年11月に発行された「わかりやすい版」はすべての漢字と英文にルビがふられています。推進会議にはさまざまな障害のある人がいます。全員が会議に参加するため障害に応じた対応が必要です。それを「合理的配慮」といいます。「私達のことを、私達抜きで決めないで」という条約の考え方を活かしたとても分かり易い意見書です。
まちづくりも住んでる人の意見を活かしてこそ、住みやすい町になります。

       
a0130960_1954610.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-02-07 23:22