<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さらわれた生活

22日南相馬市立石神小学校の避難所で炊き出しボランティア
 
 97名の方が体育館で生活をしており、3分の1の方がここから出勤しています。小中学生は他県に移住し、介護を必要とする高齢者は施設に入所しています。体育館は段ボールで仕切られ、畳の上に布団が敷かれている状況でした。 原発20キロ圏内にある病院が封鎖され、その病院の事務局長がこの避難所の責任者です。3人の看護士が24時間常駐していました。
いろいろなトラブルの元はストレスからくるとのことでした。 計画疎開、仮設入居など課題が一度に発生し、行政が対応しきれない現状が垣間見られました。。津波の被害にあった海岸と川沿い地帯の瓦礫は数か所ごとにまとめられており、そこには人の気配は全くなく、カラスが2・3羽飛び交っているだけでした。
被災された人々や自然を悼むように、山々には満開の山藤が咲いていました。

a0130960_20511312.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-05-23 20:53

国保保険料なぜ高い?

国民健康保険運営協議会の報告

23年度の寒川町国民健康保険事業特別会計予算は52億7千万円です。内、国民健康保険料は15億8700万円です。     21年度、国保の加入者(14,775人)は全町民の3割弱です。  しかし現在滞納繰越金は約5億円もあります。町は収納率89.49%を上げる為に、収納アドバイザーを雇用し、収納担当の職員を配置しました。コスト対費用の面では、450万円の人件費で1500万円~1600万円の滞納金を収納する見込みです。滞納金が多くなると、保険料を払っている人の保険料が高くなります。俗にいう「税の不均衡」が生じます。収納担当の力量に期待します。

          野ばら (ばらの原種)
       
a0130960_2159768.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-05-18 22:05
5月10日発売のサンデー毎日の記事より

 記事によると、寒川町は人口1万人当りの死者数が82.2人で神奈川県で1位、2位は平塚市で64.9人です。寒川町の人口47,500人のうち、全死者数は390人になります。この数字は、'09年神奈川県地震被害想定調査に基き南関東地震(マグニチュード7.9)と神縄・国府津ー松田断層帯地震(マグニチュード7.5)が、冬の午後6時に連動して発生したことを想定しての数値です。県は単一の地震のみを想定しています。たとえば、東海地震(マグニチュード8)が発生した場合の町の避難者数は3000人、南関東地震は31,100人です。 今年度の寒川町の備蓄米は9000人分です。
  シラーの花
  
a0130960_2165149.jpg
 

[PR]
by nakazenoie | 2011-05-11 21:09

政務調査費の報告

寒川町の政務調査費は1議員年額24万円

 各会派ごとに、まとめて支給されます。政務調査費の使途は財務調査活動記録簿に記入し、4月末日に議会事務局に提出します。 支出科目、年月日、場所、相手方(主催者)、参加者氏名、目的・内容・結果等、活動に要した経費(資料購入費・参加会費・旅費:交通費等の内訳)などを記入します。22年度の政務調査費の主な使途は研究研修費と資料費(本代)です。17の講座、研修会に参加し、研究研修費として232、290円、資料購入費、79、954円です。議会報告「ひこばえ通信」、タウンニュースの掲載費、事務用品は含まれません。領収書を添付したたものが、公開されています。
         
      柏のわかば
    
a0130960_21342839.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-05-10 21:50
出前講座「身の回りに潜む危険」での質問に答えて

 地震時における液状化と津波の被害についての質問がありました。
寒川町において想定される地震は、元禄型関東地震、東海地震、神奈川県西部地震、南関東地震、神奈川県東部地震、神縄・国府津ー松田断層帯地震、三浦半島断層群地震、東京湾北部地震の8つです。
寒川町の防災安全課には、それぞれの地震における液状化の規模のマップがあります。住んでいる所の被害状況がマップを見て分かります。また津波浸水予測図も見られます。マグニチュード8以下の想定地震では、住宅地への浸水は無いとされています。
 神奈川県は消防防災力強化の為、新たな支援制度を創設しました。町では木造住宅耐震化を推進の為、耐震化率を27年度に90%にする目標をたてています。昭和56年度以前の建築物は耐震改修・建替えの対象となります。

      
a0130960_20504137.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-05-07 20:51

すごさのひみつ

ウィキリークスの深層に迫る 6日毎日新聞記事

 「アメリカ秘密公電漏洩事件」の著者 原田武夫さんは25万通余の公電を入手し、在京米大使館が国務省にあてた5697通に全て目を通したそうです。NHKの朝のラジオでの原田さんの国際情勢の動向分析力のすごさに感心していました。印刷した公電はファイル(20センチはありそう) 54冊分。     一つの結論を出すまでにこれだけの資料を読みこなしているのです。   
だから原田さんの言説に説得力があるのですね。
作家の立花隆さんも一冊の本を書くのに3メートルぐらいの本を読むと言っておられました。 結論は米国の自作自演。
    
      
a0130960_15414485.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-05-03 21:45