<   2011年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

寒川浄水場 浄水部長五戸氏に伺いました

 毎朝採水して午後4時にモニタリング結果を寒川浄水場のホームページで公表しています。3月25日から7月29日までは、セシウム134、セシウム137、ヨウ素131は検出されていません。
飲み水の安全性は確保されていましたが、一日30~40トン出る汚泥は、2千トンにもたまり、県の方針がまだ出ないので仮置きしているそうです。      汚泥の8割は園芸用、1割はグランド用土、1割はセメント用に使われていましたが今は汚泥の用途は自粛しています。そのため、後10日で満杯になつてしまうそうです。
今後の監視体制の為、アメリカ製の機械を500万円で購入し、9月からは寒川浄水場で測定ができるとのことでした。
原発事故が起こるまでは、日本の水と安全はタダ同然でした。

    
a0130960_21251520.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-29 21:26
町総合計画「さむかわ2020プラン」後期基本計画(案)が策定されました
 
 後期基本計画は24年度から32年度までの計画のことです。
この案には施策に対して町民意向調査(21年5月実施)が付記されています。 例えば、施策「町民参加の推進」に対する町民の評価は、十分が3.1%、   やや十分14.1%、やや不十分22.7%、不十分25.7%、分からない30%、無回答・無効4.5%。まだまだ町民参加が進んでいないことが読み取れます。 行政はもっと意見を出しやすい仕組みを工夫し、町民は行動に向けてもう一歩足を踏み出すことが大事です。この案についての説明会が開催されます。是非参加して下さい。 7月30日(土)南部公民館、7月31日(日)町民センター展示室1、8月7日(日)北部公民館集会室、いずれも18時30分から20時30分です。


 
a0130960_22302622.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-26 22:31

おっかなくていられない

福島県 西丸県議の報告(7月23日)
 
 原発災害により10万人が避難し 8つの町にはだれも住んでいない福島。
セシウム汚染の牛の話から、子どもの体内被曝を最も憂慮していました。
これからの社会を担う子供達のことを大事に大事に考えてほしい。
 自分は関係ないと思っている大人は子供の手本にならない。         会場の茅ヶ崎駅ビル6階から海が真近見えます。40.2メートルの津波がきたら、ここは何もなくなるでしょう。コンクリートの堤防も鉄筋が劣化していると脆い。メルトダウンしていたことを誰も教えてくれない。これからは北風の季節、無色無臭の放射能に対し、モニタリングはきちんとやるべし。体験者でないと分からない原発災害とつなみの怖さがひしひしと伝わってきました。。  福島の現地視察に行こうと知人議員と話しました。
        
a0130960_20115874.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-24 23:55

これからの危機管理

a0130960_15251060.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-22 00:00 | タウンニュースへの掲載 | Comments(0)

本質的な安全性とは

浜岡原発を考える静岡ネットワーク講演会の報告

 講演者の地震学者石橋克彦氏の「真の安心は浜岡原発の廃炉しかない」との論説に得心がいきました。
2007年10月26日の浜岡原発運転差止訴訟で原告敗訴の判決時に「判決の間違いは自然が証明するだろうが、その時私達が大変な目に遭っているおそれが強い」と石橋氏は述べました。
 1.原発の安全性は膨大な放射能を内蔵することから格段に高くなければならない。 2.ところが、原発は完成された技術ではない。
 3、一方地震は本気を出せば、ほんとうに恐ろしい。 4、しかし、人間の地震現象に関する理解はまだ不十分で、予測できないことが沢山ある。
この4点を虚心に受け止め、地震国に54基もの原子炉を並べることが、どんなに危ういことか。人としての理性と感性があれば分かるはずだ。        4時間近くの講演の内容に深く感銘しました。
       銀杏の実
       
a0130960_21194448.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-16 21:23

暴力に愛はない 

ジェンダー平等政策をどうつくるか

 7月9・10日に婦選会館のワークショップに参加しました。
夫婦間における「平手でうつ」を暴力として認識する人は21年度58.4%を27年度に100%にすることが成果目標です。その為の戦略を考えます。誰(どこ)に向けて?誰(どこ)が主体となって?誰(どこ・何)と組む?どんなタイミングで?どんな「政策ツール」を使う?グループの中で意見を交換し合います。
アウトプット(成果物)は暴力は悪だと考える人が増える。アウトカム(何がどう変わるのか)は暴力をコミュニケーションの手段として選ばない人を育てる。  この事業の目的(何を目指すのか)は「暴力を必要としない社会}をつくることです。
 町の政策もどんな町にしたいのか、明確なビジョンのもとに 成果目標に向かって事業計画をたてなければいけません。
   
       
a0130960_22183457.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-12 22:13 | Comments(0)
自治体職員のためのNPO講座に参加
 
 神奈川県は新しい公共の場づくりのためのモデル事業を検討しています。
実施主体はNPOと県または市町村、予算は1事業あたり1000万円を上限,おおむね100万円を下限とします。。
評価項目と成果目標は多様な担い手による協働の仕組みが事業が終つても存続していること。国からの3億2200万円のお金をどうやって効果的に使ったのかを委員会で調査するそうです。12名の委員(うち公募2名) の男女比は3:9   公共サービスを行政だけが担う時代から住民も責任を分かち合う時代です。寒川町がこれから取り組むべき課題です。

      
a0130960_2184061.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-08 23:41

一定って?

生涯学習推進協議会の報告

 6月29日生涯学習推進協議会が開かれました。18年度から22年度まで成果目標を立てずに事業をしてきました。成果目標をたてない理由を訊いたところ 「理由は無い・・・」と 開き直りの答弁。  
22年度の事業は一定の評価を得たとのことですが、どのような評価基準をもっての一定なのかの納得できる説明がありませんでした。尚且つ、23年度の実施事業は、やる事を前提とした予定実施事業だそうです。                               18年度からの教育委員会の教育指針は、「寒川学びプラン」を基盤として、町民一人ひとりが自発的、自主的に生涯にわたって学習に取り組む意欲を養い、その力を地域社会の中で発揮できるよう努めることです。         努めた結果がどうなのか、成果目標も無く、検証もされずに協議会委員は何をどう推進するのでしょうか。

a0130960_21125510.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-07 21:00 | Comments(0)
アサーティブなコミュニケーションのとり方
 
  全国DVホットラインの電話相談をかながわ女性会議で受けています。相談者の多くは両親、兄弟、夫からの身体的、精神的な言葉の暴力で心を病んだ女性の相談者が増えています。
うつの症状が出て、何年も心療内科に通っている方からの電話がかかってきます。
 ストレスが多い社会の中で、健康な精神を保つ為の方策としてアサーションがあります。相手のありのままを侵害せず、誠実で率直、対等な立場でコミュニケーションをとることです。
すぐにはできませんが、トレーニングをすることで良好な人間関係を築くことができます。

a0130960_21162740.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-04 21:10

社会教育委員のしごと

公民館の果たす役割

 6月24日に社会教育委員会が開かれました。22・23年度の町の諮問は「いつでも・どこでも・誰でもが学べる環境作り」です。  その施設が公民館です。21・22年度の町民センター、南部文化福祉会館、北部文化福祉会館、寒川公民館の4施設の稼働率は40%にもみたしていません。公民館事業の利用者は約9千人、サークル利用者は8万人です。本来社会教育施設である公民館が貸館になっています。  社会教育委員の仕事は地域の課題を考え、行動する人づくりをすることです。まちづくりは人づくりなのです。

    
a0130960_15545997.jpg
 

[PR]
by nakazenoie | 2011-07-02 15:55