<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あすから議会です。

 一般質問の通告は議会初日の8時30分から午後5時までに提出します。質問の順番は提出順になります。いつも一番最初に出すようにしています。  早く終わってホットしたいからです。寒川町は昭和63年から行革に取り組み、平成24年から第5次の行革が始まります。今までの評価のしようもない行革とは様変わりともいえるきちんとした考えの元につくられた行革案です。是非とも実現させてほしいと思い質問します。時間が取れましたら傍聴にいらして下さい。一般質問は12月12日 9時に始まります。一番最初に質問します。


a0130960_2017427.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-29 22:38

寒川関連の記事の少なさ

新聞を開くとまず 寒川 の文字を探します。

 26日 平成23年寒川町交通安全・防犯町民総ぐるみ大会がありました。
振り込み詐欺の被害は18億円、凶悪犯罪2400件のうち4割が自転車の盗難、そのうち7割がカギのかけ忘れだそうです。自転車の盗難のみならず正しい乗り方が、今問題になっています。取組の必要性を感じていると町長は挨拶されましたが、すでに神奈川新聞に茅ヶ崎市の自転車ののりかた指導の記事が載っていました。他の自治体にくらべ町は影がうすい気がします。   今日 27日の防災講演会も自治会や町の職員が動員されていましたが、一般の町民の方も多く参加していただけるように体育館の掲示板にはチラシをはり、体育館の利用者の目につくように入り口に立て看があればと思いました。   町の情報発信に意欲と工夫が必要です。
    
      
a0130960_20253969.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-27 22:37

気持ちのいい時間

花とともにくらす会の草むしり

 毎年2月には萩園の小出川の土手に彼岸桜が咲き始めます。今日は久しぶりに草むしりに参加しました。花が咲いている桜の木もありました。
水仙の蕾がふくらみ、チューリップの葉が芽をだし、彼岸花の葉も20センチぐらいに伸びていました。春の準備はもうできているかのようでした。
紫陽花や菜の花、ざる菊も植えられ、根元の草を取るとすっきりします。   風もなく温かなおひさまを浴びながらの作業はとても気持ちの良い時間です。 まだできていない一般質問の中身や、何を駅頭で話したらよいかいつも考えている脳みそのリフレッシュになります。30日から議会が始まります。きのうはダイソー前、あすは宮山駅、あさっては寒川駅で議会報告をします。

     
a0130960_20303653.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-27 19:33 | Comments(0)

チーム・議会となるには

ひとりから始める議会改革 法政大学市ヶ谷キャンンパス

 23日 市民と議員の条例づくり交流会議 2011 に参加しました。
議会改革の壁をどう乗り越えていけば良いのか?がテーマです。       当選回数の壁、制度と先例の壁、会派の壁与党意識の壁、野党意識の壁、チェック役専業意識、自分は市民とつながっているという認識の壁、先進議会意識の壁、危機意識の欠如などあるが、これまでのあり方では議会という機関として生き残れないだろう?
ではどうするか?議会活性化には市政報告会、自由討議、市民参加が必要。 超党派8人の候補者を立てて選挙を戦った越谷市議会議員の報告に圧倒されました。議員が繋がることで市民参加が進み投票率も5ポイント上がったとのこと。寒川町議会も議会としてどうあるべきか、どうであったらよいのか、筋道だった彼の考え方をじっくりと判読しているところです。。                    当然のことですが議会基本条例をつくれば議会改革になるわけではありません。 明日8時半から議会運営委員会。午後 からは箱根町で神奈川県町村議会議員の研修会です。
     
      
a0130960_20404727.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-24 13:57

虹のかなたに

性別役割分業意識の根深さ

 21日 DV電話相談の帰り、江の島の橋から鎌倉プリンスまでかかった大きな虹を見ることができました。この日は2人で8件の相談を受けました。
うち1件は職場の周りの男性が女性を見下し、特に男女対等であることを分かっていなければいけない弁護士や上司からの差別意識に憤っているとの相談でした。かつての自分もそうでしたので気持ちがよくわかります。。          フェミニズムの思想に出会い、ジェンダーバイアスが女性差別を生みだす土壌であることがわかりました。固定的な性別役割意識は社会的経済的につくられた側面もあります。 生きにくさの一因にもなります。                                虹が消えないうちに願い事を唱えなければなりません。悔しさをバネにエンパワーして、虹のかなたの青い鳥をつかまえられますようにと願いました。

a0130960_20485913.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-24 11:42
ここまで進んだ寒川駅北口土地区画整理事業(総事業費約148,4億円} 

 22日 議会報告をかねて 13回めの出前講座をしました。
昭和57年{1982年}に基本構想がまとまり、平成元年に都市計画決定され、平成4年事実上のまちづくりが始まりました。5回の事業変更がなされ、平成28年3月に終了予定です。来年4月にはエレベータ、エスカレーター工事の終わり、あと10件の建物移転がすめば工事が終わります。駅前公園ができたことでまわりのテナントがすぐにうまったそうです。このまちづくりのテーマは 花と青空・輝きとふれいです。時間とお金がかかりすぎた分、さむかわの顔である駅前をみんなで 輝きのあるまち にしていきたいと思いました。
いつも初めて参加して下さる方がいらして嬉しく思います。ありがとうございました。

a0130960_20545723.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-23 22:55
a0130960_1114387.jpg
a0130960_1115532.jpg
a0130960_112356.jpg
a0130960_1121292.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-22 00:00 | ひこばえ通信 | Comments(0)

ちいさき者への愛

茨城が生んだ童謡詩人・野口雨情の世界

 18日の茨城大会の歓迎講演は野口雨情生家資料館 館長 野口不二子氏の講演でした。
雨情の心にあるのは、生きとし生けるもの 森羅万象 助けあい助けられる世界、そうした人間の優しさを与える童心。素直な純真無垢の心は天が与えるものだと雨情は教えた。今一番うすくなっているのが心で観ること。耳で聞く世界はまことの世界。 目だ見る世界は美であると彼は考えた。          詩は言葉の音楽。リズム感のある7・5調が日本人の心であると雨情は「童心教育」をした。それは社会教育にもつながるのではないかと講師の野口氏は言われました。                                       十五夜お月さん、青い目の人形、赤い靴、うさぎのダンス、しゃぼんだま、   カラスの子、船頭小唄、波浮の港 など野口雨情の有名な歌が次々と披露され感動の1時間でした。残念なことに3月11日の津波で野口雨情の生家は流失してしまいました。

     
a0130960_210264.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-19 23:55

社会教育委員の新しい姿

第52回 関東甲信越静公民館研究会
第42回 関東甲信越静社会教育研究大会に参加
 
 18日 合同茨城大会がつくば市で開かれました。参加者 1185名
シンポジウム 新しい時代<協働の時代>の公民館・社会教育委員の役割 
これからの地域社会のあり方や地域づくり活性化の視点として公民館職員・社会教育委員に求められるのは
● 市民との協働の視点に立ってマネイジメントすること 
● 行政と市民とのコミニュケーションを図ること
● 自らの考えや思いを他者に伝えるプレゼンテーション能力が大事である。
公金を使う以上、社会に貢献する活動を支援すること。それには、協働せずにできることはない。等各パネラーの意見に深く賛同しました。特に市民の声を行政や企業に届け、街づくりに繋げるコーデネータの必要性を感じたNPOつくばアーバンガーデニングの活動にこれからの協働のあり方の手本に思えました。メモをとりきれない程充実したシンポでした。

         
a0130960_216191.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-19 19:24
ウォ-キングは「ひこばえ通信」のお届けです。

 まちづくりの財産は人財です
 住民主体のまちづくりを一層推進するには町政への参加と協働が大事です。一人ひとりが自治の担い手であると自覚することによって、安心して暮らすことができる地域社会が創られます。                       平成18年度の「よりよいまちづくりのための町民意向調査」のアンケートでは39の施策のうち・まちづくりへの参加についての評価は37番目の低さです。            平成21年度の「行政施策に関する調査」での優先順位は61中25番目。  行政は情報の宝庫です。{仮}中央公民館建替えや、高さに関するルールづくりなど町民の意見を聞く際には、町民が判断できるよりどころが必要です。
行政がどう考えたのか、その論拠の説明がないと適確な答えになりません。  分かりやすく、町民にきちんと説明するところから情報の共有が生まれます。 計画の段階から町民が主体的に参画することで、まちづくりへの責任や自覚が生まれてきます。まちづくりに参画する人材が人財となり町の財産になると考えています。
 さむかわ出前講座   テーマ ここまで進んだ 北口区画整理事業
            22日(火} 5時30分 町民センター視聴覚室
 是非いらしてください。

        
a0130960_21111073.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2011-11-19 17:47