<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

草むしり日より

どこに行くというあてもなく

 3連休あると何んとなくゆったりした気分になります。連休は施設入所の母の家のゴミかたずけと庭の草むしりで終わり。高齢とはいえども一家のあるじゆえ娘にもかたずけさせず、何年分ものごみがあっちの部屋、こっちの部屋にあるわあるわ。町のごみの出し方を確認しながら、こんなことやってる場合かと思いつつも、あるじのいぬ間せっせとかたずけ仕事に精をだしました。   庭の草は雨で土がやわらかく、かつ曇り空で草むしりびより.                   5月20日 恒例の紙芝居をパチパチ座にやっていただくのできれいにしておかなくてはと、やることはたくさんあります。                                        きのうはダイソーの前で議会の街頭報告。明日はさむかわ駅で何を話そうか考えなから草をぬいていました。

a0130960_20571494.jpg
/font>
[PR]
by nakazenoie | 2012-04-30 22:03

時代が変わろうとも

27日南小学校 学校説明会に出席 参加者25人

 学校に求められるのは社会が求めている人材、それにより教育内容がかわる。学力のつけ方も知識の量より思考力、判断力、表現力を身につける授業をすすめている。学力向上のため ●指導力の向上 ●家庭学習の推進 ●学習意欲の向上 補習もすると校長先生からお話がありました。         ゆとり教育の25パーセント増しの教育指導内容になったそうですが、教わった事はちゃんと出来る生徒にしっかり教育して欲しいと思いました。           1クラスの生徒数は30人以下で補助の先生もいらしているのになぜ学力が平均点以下なのか不思議です、時代の要請が変わろうとも読み書きソロバン(ちと古いか)の基礎学力がないと人生の選択肢もせまくなります。         学校説明会の対象者は教育委員会委員、自治会長及び議員、民生・児童委員、学校評議員、PTA役員、保護者です。参加者が少なかったです。 みんなの力を結集して子供達の学力を向上させなければいけない時なのに。

a0130960_214249.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-28 23:46

受け身からの脱却

26日 第1回社会教育委員会 出席9人、欠席1人、

 今まで町の社会教育委員の仕事は教育長の諮問に答申することでした。
24・25年度は社会教育団体の育成を含めての補助金支給のあり方について答申を求められています。20・21年度答申にもとづき家庭教育のチラシを作成しましたがその成果は図られていません。それで、22・23年度に答申した いつでもどこでも誰もが学べる環境づくり をもとにどんな事業をするのか次回までに報告をもとめました。委員の報酬は1回8700円、会議出席職員は10人から15人です。年5回の会議と研修会費も支払われます。      その結果、町の社会教育の振興にどれだけ寄与したのでしょうか。          社会教育委員の使命は地域の課題を解決できる町民になっていただける人をつくるしくみづくりです。見える形で成果を出していきたいと思います。

a0130960_2163480.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-26 20:58

有意義な議会報告会

22日 相模原市 「第13回市民が聞く 市議会報告会」

 相模原市議会を良くする会が主催。議会改革を公約した議員15人によびかけ市議9人、市民30人が参加。
途中2時半からの自由討論から傍聴しました。まず、各議員が(1期5人、2期2人、4期1人 12期1人)議会改革、議会基本条例、リニア中央新幹線の是非についての考えを述べそれに市民から意見や質問がなされ、またそれに対し議員からも意見が出され、生のやりとりはとても新鮮な感じでした。          来年90歳になる12期の議員さんが 「国に戦争と原発2回だまされた。  リニアは3回めとなるかもしれない。原発2、3基分必要とする。これからも良く勉強する」と言われました。市民の方も「賛成、反対いろいろな集会に参加したが信頼に足る根拠はなにもなかった。具体的にまだ決まってないことを市は擁護しないで欲しい」と言われ、リニア開通が前提の寒川町の新幹線新駅設置の課題の多さを痛感しました。まず人口減による乗降客数、財政難、地元の活性化、環境問題等です。議員と市民の自由討議から様々な問題点が浮かびあがった有意義な報告会でした。

a0130960_21103255.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-23 00:02

あいさつのできる学年に

16日東中学校学校説明会に出席 約50人参加

生徒指導の先生が、ごく自然に挨拶ができるようにこちらから声かけをしていきたいと述べられました。視察で訪れた岐南町の保育園の方針は「和顔施」です。園児も職員も、こちらが思わず笑顔になってしまうような挨拶を交わしていました。 南小の校長先生は、毎朝 横断歩道で集団登校の生徒に 「おはようございます」 と挨拶されています。 この横断歩道を渡る児童は250人います。一人ひとりに目を合わせて、「おはようございます、いってらっしゃい」と言葉をかけると、うなずいてくれる子、目で「わかったよっ!」と言っている子、ことばに出して「おはようございます!」が返ってくる子がいます。       東中の特別支援学級の先生の「その子に合った必要なことを、一人ひとりに目標を設定して指導をしていきます」との説明が腑に落ちました。        教育とは一人ひとりを大事にすることなのですね。

    
a0130960_21113399.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-17 21:12
さむかわ中央公園に桜の花びらの雪が舞い降りたようでした。

 春まだ浅き今日この頃ですが、土曜日が雨の日が多いようです。      満開の桜の花びらが雨つぶとともに歩道の上に、公園の芝生の上にとしずかに舞い降りてきて雪景色を見ているようでした。散歩の人影も無く敷きつめられた薄明かり色の花びらには気品さえ感じられました。ただただ、ぼうっと見ているだけでこころが洗われるようでした。と同時に4年前訪れた平譲郊外の農道の木陰で休んでいた農民の胸中に思いを馳せました。かれらの文化的生活とは味噌、醤油があることでした。いまだ戦時の中を生きている彼らに心の安寧が早く来るようにと散りゆく花に願いをかけました。

     
a0130960_2114239.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-14 21:26
議会だより編集委員会報告

 10日、11日は3月議会と4月の通年議会の議会だよりの編集日でした。
表紙の写真選定から、字句のチエック、紙面構成の見やすさ、読みやすさを考えて決めていきます。議会だよりを専門にアドバイスをしてくれるクリニックの意見をとりいれて紙面を変えています。昨年、最優秀賞をうけた宮城県の七が浜町の議会だよりは文字は大きく写真やカットが多く、なにより読んでみよう、見てみようと思わせる文字に満ちています。                  なかなか議会だよりを興味をもって読んで下さる方は少ないのですが、見やすく分かりやすくなるよう努力しています。読んでの感想を議会事務局におよせ頂けるとありがたく思います。

     
a0130960_21173946.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-11 22:19
なぜ公園のさくらの木が切られたの

 今、桜が最高にきれいです。寒川神社の桜も中央公園の桜も満開です。
でもなぜか町の公園の桜の木が幹だけを残し伐採されていました。担当課に訊いたところ、廻りの家からの苦情や秋の台風で危険な状況の樹木を補正をくんで110万円で切ったそうです。
以前、夏の日に日よけになる一之宮緑道の木を切り、今度は無残な桜の木にしてしまい何たることかと思いました。私達になにもきかないで私達の税金を勝手に使って私達のたのしみを奪うとはなにごとぞと強いお叱りをうけました。お金が無いないと言いながら余計な仕事に税金を使ってしまい申し訳ありませんでした。

   
a0130960_21204024.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-11 21:41

4時間の暫時休憩

平成24年度下水道事業特別会計補正予算審議報告

 9日 通年議会が開かれました。町が10月18日契約した会社から3月26日設計委託の業務続行不能届けが提出されました。そのため新たな業者に委託するための補正議案に6人の議員から質疑がありました。         5回も話し合いをしていながらなぜ成果物の設計書が出されなかったのか?   43社のうち19社が低入札である。価格に問題はなかったのか?24年度中に工事が終わるのか?二度とこのような事態が起こらない為の再発防止策をつくるべし。おこるべくしておこった失態である。顛末書、(ありませんでした)契約書、会社の事業内容書の提出書類をもとめ、書類を準備するのに4時間もかかりました。。相手方の会社名や解約日を間違え発言訂正をし、町長から今後是正すべき点は改善すると謝罪の弁があり全員起立で議案は可決されました。今後の対処方法4点が示されましたがどれも日常業務で当然やっておくべきことが書かれていました。

    
a0130960_21225940.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-09 23:14

入れるといいね

96歳実母の居場所さがし
 
 7月に開設予定の特別養護老人ホームの面談をしていただきました。
家族構成、成育歴、住まい状況、財産管理本人の性格、趣味、病歴、かかりつけ病院, 終末の考え、等の質問がありました。今入居の老健の担当者の聞き取りもして、5月に入居判定会議、6月ホームの内覧会、順次入居だそうです。7月の誕生日を新居でむかえたい母の希望が叶うとうれしのですが入居申込者が多く入れるかどうか分かりません。1月末転んで救急車のお世話になり、介護タクシーの利便性に助けられ、知人友人からたくさんのアドバイスをいただきました。そしてなにより心強かったのは包括支援センターの担当者の対応でした。その道のプロからの助言はとてもありがたいものです。ようやくここまでこられました。ありがとうございます。


a0130960_20444652.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-04-06 09:45