<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

苔がきれいな季節です

ようやく一区切りです。

 議会が終わると「ひこばえ通信」を発行、ポステイング、ダイソー前と3駅で駅頭報告、出前講座、議会報告会、ひこばえの会の催しがあります。
今日31日、寒川駅での報告ですべて終わりました。
 同時並行で次の一般質問の準備をします。6月の定例会での質問は通学路の安全対策と行革の効果を予定しています。現場確認や行政とのヒヤリングから質問をどうくみたてるか考えます。それに関する情報収集も必要です。
まず関係者に会って話しを伺い、新聞、ラジオ、本、雑誌も読みます。
わからない事だらけなのでとても勉強になります。
息抜きは草むしりです。さわやかな5月の風にふかれて、青々とした苔の中の雑草を抜いています。  
   
          
a0130960_1526574.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-05-31 20:29

優先すべき安全・安心

通学路の安全対策

 4月から時間がある限り、毎朝小学生の通学路にたっています。4月は集団登校でしたが、5月からはバラバラです。班長さんのめが無くなると縁石の上を歩く子が増えました。信号機のそばに待機場所は無く、先生や保護者や地域の方が黄色い旗をもって誘導しています。信号機のない5差路や右側にあった歩道が左側についたり、横断歩道の中に入って信号待ちをする児童がいて危ない所が町にはたくさんあります。
さむかわ町の「すみよいまちづくりアンケート」の第1位は25年間ずっと道路の整備です。町の道路計画の優先順位は通学路の整備です。必要な財源の3分の1しかなくて整備が進んでないと担当課は言いますが、財源がないのではなく町がお金を出していないだけです。明日朝、雨だとかさと車がすれすれになるあぶない所に行く予定です。

         
a0130960_16391080.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-05-29 22:12
アイディア提案カフェに参加 茅ヶ崎市民活動サポートセンター

 {私ならこうする」「こうなったらいいのに」など自由に意見交換しアイディアを出し合うカフェに参加しました。  カフェの名どうりお茶とお菓子付きです。       名前・住んでる地区・市内の好きな場所・関心あるテーマで自己紹介。     茅ヶ崎市の市民活動推進課職員3人もグループにはいり、環境、防災、子育て、コミュニティの活性化などのテーマをもとに思いつくまま、話がとぎれることなくあっというまの2時間がすぎました。                             意見交換の内容の中から「協働の可能性」「提案の意図」「手法の独自性」「事業の緊急性」の視点で評価を行うそのヒントとして活用されるカフェです。  こういう場があることが嬉しいと言う市民、フットワーク軽く参加する職員、npo、市民活動う団体20人が3グループにわかれての意見交換はごった煮のおいしさでした。

           
a0130960_16413447.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-05-25 23:22
総務常任委員会視察報告5月21・22・23日

 21日神戸市・住吉台くるくるバスの運行は住民の要望を受け平成16年にバスの運行実験が行われ、17年から本格運行が始まりました。          行政の役割は職員2名が相談と関係機関との協議のサポートのみです。    東灘市民市民会議を設立し、市民がバス停やルートを検討,調整をはかるなど住民が主体となり黒字化を図っているのが特徴です。            大人200円、子供100円の運賃も住民参画の手法が成功の要因です。   地域にふさわしい交通システムができたカギはバス運行会社の熱意と創意そして主体的に取り組んだ地域住民のリーダーシップだそうです。            「老後も安心、孫子の代まで住み続けられるまち」をめざして坂の多い住吉台を15分間隔で毎日56便がくるくる走りつづけています。

a0130960_20545714.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-05-24 23:21
a0130960_21594866.jpg
a0130960_2201033.jpg
a0130960_220161.jpg
a0130960_2203956.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-05-18 00:00 | ひこばえ通信 | Comments(0)

婦選は我が学び舎

5月12・13日市川房枝政治参画フォーラム2012 婦選会館

 地域主権改革ーまちの自治を前への講演と議会改革の事例発表。 
山梨県富士川町議員の永井寛子さんの議会改革のはなしはまるでドラマのようで断然おもしろかった。古色蒼然の男性議員の中に明確な議会改革の意思をもって、自ら議長になり、町長推薦の議会事務局長をやめさせ、無投票の県議選を阻止すべく出馬し敗れ,レンタル食器のNPOを立ちあげて震災で成果をあげ、再度、議員として合併問題に取り組み、裏で議会をとりしきっている長老議員に監査委員を下される代わりにある取引をもちかける等々。
1つ1つ議会のあり方を変えていくパワフルな活動に共感を覚えました。
やれるところからやって最後が議会基本条例の制定であるとの言葉に説得力がありました。いつも婦選の仲間からは刺激と元気とやる気をもらっています。18日(金)は6時から出前講座「行政情報の管理運営」 7時から議会報告&意見交換会です。是非いらしてください。町民センター視聴覚室です。

a0130960_20554997.jpg

[PR]
by nakazenoie | 2012-05-14 00:10