<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

関西弁のラジオ体操

なつやすみラジオ体操最終日 29日

 昨年は3日だけだったのが今年は5日間のラジオ体操。こども118人、大人157人、参加者は総数275人でした。参加者はスタンプカードに判を押してもらいヤクルトとノートをもらっていました。                 「チト、きつうおますな~」とラジカセからながれてくる関西弁に思わず体の動きもやわらかに。急に涼しくなり、雨あがりの朝の空気の気持ちの良いこと。登校時にいつもあう子供たちと笑顔をかわしながらの体操は身も心も快適でした。もうすぐ夏休みもおわり、宿題できたかな?
[PR]
by nakazenoie | 2014-08-31 20:22 | Comments(0)
議員互助会 28日

 世界文化遺産に指定された富岡製糸場に議会事務局職員と見学してきました。
周辺の商店は見物客でにぎわい、夏休み最後とあって家族づれの方々が多く来場されていました。  4年まえは文化遺産登録の運動中で製糸工場の記念切手を販売し、工場内に当時の機械がそのまま配置されていました。今回は機械は取り払われ、よくあるように工場の歴史をビデオで流し展示場に変えられていました。実物をみると糸を機械で紡ぐ行為が実感として伝わってきましたが説明だけではちと残念。夜はいっこく堂スーパーライブ。5才まで寒川にすんでいたそうです。世界が認めた腹話術といわれるかれの口元をずっと凝視していたのですが、いきを継ぐ時は口をあけても、唇もほほも全然うごかない。これが芸というものなのでしょう。おひとりさま18000円のデイナーショウでした。


[PR]
by nakazenoie | 2014-08-30 23:46
記録映画「いのちの作法」のふるさとへ 26,27日

 1960年65歳以上の医療費を無料化。1962年全国初の乳児死亡率ゼロ達成した沢内村。(現在の岩手県西和賀町)豪雪、貧困,多病多死にあえぐ村を深沢村長は命をかけて「命の行政」を実践してきました。すこやかに生まれ、すこやかに育ち、すこやかに老いるを実現するためにだれでもいつでも地域医療サービスが受けられる計画をつくりました。今、各自治体で策定している計画を50年も前にとりくんでいたのです。深澤村長の精神を継いだ太田祖田氏の孫で14代碧祥寺住職さんの被災地支援のおはなしに感涙。囲炉裏ばたでの大平さんのほっこりした遠野のかたり、ごちそうになった名物ひっつみ汁のおいしかったこと。釜石で復興の鐘をならし買い物。車中の知恵を凝らした○×クイズタイム、景品つき句会、まちづくりに1言などなど。最高に楽しく充実したスタデイツアーでした。   

[PR]
by nakazenoie | 2014-08-28 22:56

間にあわせるのですね

高齢者保健福祉計画等見直し検討委員会 傍聴 7月31日

 第6次寒川町高齢者保健福祉計画は27、28,29年間の計画です。
地域包括ケアシステムの構築、要支援1,2の事業は各自治体で行うことになります。
8月に事業者にアンケート調査をしますが内容はまだ決まっていませんでした。
25年度要支援者認定数は300人。 事業者は町がいつから何をどうやるのかわからない(今回の会議では回答はなし)ので受け入れを断る例もあるとのこと。 国からの資料説明はあるもののそれで町はどうするのかさっぱりわかりませんでした。 地域の実情にあわせて制度設計をする時代です。わが町の高齢者事業はこうあるべしと気概をもって取り組んでほしいと思いました。

[PR]
by nakazenoie | 2014-08-01 09:03