<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

生き残る自治体(地域)

会派視察報告 あわら市の地域力。白山市の公共施設統廃合。小矢部市の総合福祉センター

10月21,22,23日、福井、石川、富山に視察研修にいきました。
あわら市では地域を元気に「ふるさとあわらコンテスト」に41団体43事業が応募。大賞10万円は地域防災団体が受賞。あたりまえにやってきたことが評価され地域活動がひろがる効果があったとのこと。平成17年1市2町5村が合併した白山市は公共施設の統廃合及び管理見直し計画策定後496回の地元説明会を実施。もと村長さんのもと市の援助なしに地域を管理運営している地域があり、議会傍聴席86席が満席になるほど住民が自分たちの地域に関心をもっていました。
小矢部市は定住促進策に医療費中学生まで無料化プラス5歳児の保育園料無料化まで考えていました。福祉の拠点施設のそばには老人住宅があり「ずっと住みつづけたい 住んでみたいまち おやべ」でした。1万の全世帯に小矢部市予算の概要(132ページ)を配布。情報公開、情報共有がなされていました。2040年 896自治体が消滅する?なか生き残りをかけて真摯に仕事にとりくむ自治体職員達でした。
11月19日(水)フォーラム志 議会報告会 南部公民館 6時30分 どうぞいらして下さい。

[PR]
by nakazenoie | 2014-10-28 21:57
湘南広域都市行政協議会 平成26年度事業中間報告 27日 茅ヶ崎市

 藤沢、茅ヶ崎、寒川の行政協議会には6つの部会があります。広域情報部会では「G空間シティ
構築事業」を推進しています。総務省の予算(6300万円)でN丁丁と慶応大学と行政が3つの実証実験を始めます。?人やモノの位置データを活用して、時間や季節に応じた人的被害を予測する。?衛星を活用して人やモノへ確実に情報が伝達できるようにする.?人の位置情報・属性情報をリアルタイムで可視化する。何のためかと言うと、災害(津波)や観光(イベント)など人がたくさんいるところでの地域防災・減災に貢献できるのではということのようです。これらの実証結果をふまえ地域防災計画の見直しもありそうです。首都圏直下地震や東京オリンピック・パラリンピックを想定してのこと。国、地方、地域それそれが連携してのとりくみが減災への道なのだとおもいました。


[PR]
by nakazenoie | 2014-10-28 19:52 | 議員活動 | Comments(0)
秋晴れの日に想う

今朝も子供たちが元気よく登校していきました。政治は必ずしも未来を明るくする状況ではありません。過日、茅ヶ崎でドキュメンタリー映画「原発に映る民主主義」が上映されました。約20年まえ、原発計画を住民投票と住民パワーで廃止した実話です。新潟県巻町の住民が自分たちのまちのことを自分たちで決めたことはまさに住民自治の手本でもあり、民主主義とはどういうことなのかを考えさせる内容でした。昨日の町長との「まちづくり懇談会」で高齢者パワーを活かす方策として「明日のさむかわを担う子供たちの教育を」という意見がありました。福島知事選が終わり、成長を求めぬ社会を思索される今、私たちはどんな社会をつくるのかどんな地域に住みたいのか、一人ひとりの自覚と覚悟がいるのです。

[PR]
by nakazenoie | 2014-10-27 10:25

文化の秋

文化祭の秋です。
25日 町民ホールでさむかわ音楽祭が開催されました。12の団体が参加。日ごろの練習の成果を披露し、次なるステッツプへと精進する機会でもあります。聴に来て下さる方のよかったよとの声が励みになります。田端の敬老会では大正琴の音色が秋空に響きこしかたに想いを馳せます。
夕方からはワインをかたむけながらピアソラのタンゴの曲に情念をゆさぶられ、ピアノとバイオリンンの 枯れ葉にゆく秋をおしみました。そして最後はカラオケでした。

[PR]
by nakazenoie | 2014-10-27 09:36