<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12月会議が始まりました。28日

 提出議案は19議案。うち、寒川町特別職と一般職の職員の給与に関する条例の一部改正が初日に可決されました。8月7日の人事院勧告に基づき若年層の給与を平均0.3%ひきあげ、期末手当を0.15%ひきあげその額は2602万2497円。ちなみに町の民間平均給与所得は450万円、町職員657万円。その他一般会計、特別会計の補正予算は説明のみで2日に質疑し、15日に採決。今議会からタブレットを導入(県下で逗子市に次いで2番め)。厚さ10センチの紙資料と併用。午後3時からは圏央道の海老名ジャンクションの工事現場を視察。1250トンのクレーンが架橋工事を行うとのこと、日本の土木工学の技術の高さに驚嘆しました。

[PR]
by nakazenoie | 2014-11-29 22:27 | 議員活動

思い込みからの脱却

平成26年度自治体功労者表彰式・町村議会議員研修会 20日愛川町

 寒川町から細川議員(議員在籍12年)が表彰されました。おめでとうございます。
研修は「地方議会改革の現状と求められる行政の在り方」をテーマに北川正恭氏が講演。
1995年三重県知事就任後、13億円の裏金を公表、分権改革を進めマニフェスト選挙を推奨。
しかし、分権改革に乗り遅れたのが地方議会。なぜか。議会とはこんなもんだと思い込んでいたから。これからは情報公開・透明性のガバナンスをもって主権者である住民サイドにたつことが改革。
税金ドロボーといわれないために地域のために働いてこそ存在感がある。行政のスパイと言われない議会事務局を充実させ、組織全体で民主主義社会を向上させてほしい。それが議会の最大の使命。歯に衣きせぬことばに本当の改革をとの強い思いが伝わってきました。なんどもなんども言われたのが「立ち位置」をどこに置いての改革かということ。町議会も原点に戻って考え直さねばと痛感した講演内容でした。

[PR]
by nakazenoie | 2014-11-21 23:34 | 議員活動
フォーラム志 第8回まちづくり政策懇談会 11月19日 南部公民館

 今回の意見交換会のテーマは「公共施設のあり方」についてでした。
笹子トンネル事故ご、国は25年11月 インフラ長寿命化計画」を策定、そして27年度まで「公共施設等総合管理計画の策定」を各自治体に要請しています。日本全国、公共施設の老朽化対策がもとめられています。
寒川町は21年3月に「公共施設維持管理基礎調査」をしましたがその後の計画はありません。
新たなハコモノ建設の前に、総合的な公共施設のマネジメント方針が必要です。伊勢原市、二宮町
秦野市、下野市の例をたたき台に意見交換をしました。ハコモノより教師の質の向上を、若者定住策による財源確保を、必要性、妥当性の論拠の明確化、建設ありきはダメ、議会に諮る前に町民の意見の反映を、誰がほしいのか私はいらない、住民投票条例の制定を、モノの買い方がヘタ、なぜプールに18億も必要なのか、など様々な視点からご意見をいただきました。私たちの意見は町長に届いているのかとのご意見も頂きました。みなさんからのご意見をもとに町長に要望書を提出し政策立案へとつなぎます。たくさんの有意義なご意見をいただきましてありがとうございました。

[PR]
by nakazenoie | 2014-11-20 11:27 | 議員活動 | Comments(0)

文書館に行こう

11月1日、第50回寒川町表彰式に24人の方々が表彰されました。第1回めからの表彰式の写真が文書館に展示されています。50年前、神奈川の人口が400万人になりました。東京オリンピックが開催された年です。寒川では寒川工業団地の造成が完成、寒川さくら幼稚園が開園、河西工業の工場第1期工事が完成、日本鉱業倉見工場が始業開始されました。昭和39年の出来事を神奈川県立公文書館所蔵のフイルム上映により知ることもできさtました。表彰式の式典で、毎回寒川町民憲章を唱和します。「1 水とみどりを大切にし、住みよいまちをつくりましょう。」です。9月10月に寒川駅周辺の樹木のみずやりが終わり、次はチップを敷いて樹木の保存します。町民と行政の協働作業です。
[PR]
by nakazenoie | 2014-11-03 23:04 | 議員活動