<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

天国に一番近いアイドル

オバァが躍るKBG84 朝日新聞6月27日掲載

K(沖縄小浜島)B(ばあちゃん)G(合唱団)84(平均年齢)の合言葉は「紅白歌合戦にでたい〜」。   最高年齢97歳、真っ白な入れ歯に真っ赤なハチマキ、杖は手放し、激しく手と首を左右にふる。     新曲「ツルは千年カメは万年 ばあちゃん百二十歳まで」を東京でライブ。5500円のチケットは完売。客席は驚きと笑いが途切れず。13年には地域の発展に貢献したとしてサントリー地域文化賞を受賞。オリジナルのダンスソングに初挑戦。約1時間のステージ終了後の握手会は長蛇の列。10月には小浜島でライブを開く予定。超明るい長寿社会を活写した記事でした。

[PR]
by nakazenoie | 2015-06-30 22:38

児童・生徒の成長ぶり

一之宮小学校「音楽祭」24日 旭が丘中学校 「全校道徳」25日

 体育館には全校児童と保護者でいっぱいでした。生徒会役員の司会で各学年の合唱・合奏にわが子への熱い視線と大きな拍手がおくられていました。とくに1年生の身振りを交えた精一杯の歌声は愛らく、抱きしめたくなるほど カワイーかったです。6年生は太鼓。シンバル、リコーダー、木琴、その他たくさんの楽器(名前がわからない)で演奏。「宇宙戦艦ヤマト」は迫力満点、とても上手でした。旭中での講演は(障害をのりこえて」〜 栄光をつかむまで〜 。交通事故による高次脳機能障害者北京パラサイクリング 金メダリストの石井雅史さんと妻さんのお話。生徒さん達が講師紹介から質問、おれいの言葉、花束贈呈とすこぶる上手な進行でした。そのほかでも公民館で宿題に取り組んでいた5年女子のグループ、はじめておはようの言葉をかえしてくれた男の子、学校図書室参観にここが一番よくみえるからと椅子を勧めてくれた図書委員の男の子みんないい子に育っています。こころが洗われます。

[PR]
by nakazenoie | 2015-06-25 23:35 | 議員活動

稼ぐ公務員

戸田市の水と緑があふれるまちづくり

 人口13万4千人、平均年齢39歳、20万の人口増を見据えての環境政策取り組んでいます。
生ゴミの減量化にとりくみ、バケツ1ぱいの生ゴミを4ポットの花苗と交換、市から委託されたNPOが運営、高齢者,障がい者を雇用。生ゴミをEMのぼかしをつくり純正のごみペレットとして肥料化、これを「戸田のチカラ」として姉妹都市の三郷市の農家の肥料とし収穫野菜を学校給食の食材とし食の安全を確保。さらに2020年のオリンピックに障がい者がつくった花を福祉の花として国土省に売り込みをかけています。さすがシティプロモーションの戸田市です。これらの事業の推進役が専門員の吉田義枝さん。戸田市の名前をデザイン化したエコバックを販売、企業からも出資してもらい花があふれるまちづくりをすすめています。次から次へと事業展開を実践されている吉田さんの稼ぐ公務員のお話はまだまだ続きます。時間を改めてうかがう予定です。



[PR]
by nakazenoie | 2015-06-14 09:32 | 議員活動
15日(月)一般質問をします
 
 質問内容は学校図書館の充実策と水と緑のまちづくりについてです。
小・中学校あわせて8校を4人の読書指導員さんが2週間で3日勤務で9時30分から4時20分まで仕事をしています。小学校では図書室で読み聞かせをし、本の選書、整理、事務的な仕事があり時間も日数も足りません。お隣の平塚市では43校すべてに学校司書が配置され8時30分から5時まで勤務しています。学校図書室の活用状況、4人の読書指導員さんとのヒヤリング、読書委員の児童・生徒からも話をきくことができました。みずとみどりのまちづくりでは環境基本計画や緑の基本計画の成果と課題について質問します。明日は戸田市の花と緑のまちづくりをいて視察にいきます。昨日今日とハグロトンボがひらひらとんでいました。まだハグロトンボがいるんだ、と目をこらしてみていました。ゆったりと白い山アジサイのうえをとんでゆきました。こんな自然環境をいつまでも残していきたいですね。

[PR]
by nakazenoie | 2015-06-12 23:16 | 議員活動
常任委員会での陳情 2件
陳情3 国民健康保険制度が都道府県化することへの反対と国庫負担の増額を求める陳情は賛成少数で否決。陳情4 「子宮頸がんワクチン副作用による健康回復を目的とした医療費等の支援及び教育環境・就学・就職の支援をもめる陳情は継続審議になりました。陳情事項は国の判断を待つのではなく、寒川町における支援をもとめる内容です、国の定期接種まえの町の任意接種により障害が生じたのです。継続審議の理由は県の支援の内容がまだ明確でなく予算が通過していないこと。月10万の医療費負担や将来の希望を断念せざるを得ない状況を思うと早急な対応策が望まれます。休憩時、傍聴の保護者の方から陳情者の発言機会がなぜないのか問われました。通常、陳情は県下の様々な自治体にだされ、その扱いも様々です。行政側だけの情報ではなく陳情者側の意見をもきかないと的確な判断はできません。
個別にヒヤリングはしますが委員会での意見聴取あればと議員間討議ができます。

[PR]
by nakazenoie | 2015-06-08 23:08 | 議員活動
6月会議報告。

 長い間ブログを更新せず、まずお詫びをいたします。梅雨空にアジサイの花が映える季節になりました。6月議会の一般会計補正予算の主なものは、聖天橋掛け替え工事費に関わる国からの交付金が1735万9千円の減。消防の救急業務に634万5千円の増、駅前公園の音響設備費470万円、教職員の資質向上に70万円、食堂みどりの空調設備費150万円、町長及び町議会補欠選挙費1714万2千円、勤労者福祉事業費750万円の増(新築家屋に10万円、建て替え家屋に5万円支給、当初予算額500万円でしたが申込申請が58件あり増額)結果一般会計は137億6773万7千円となりました。人事案件では人権擁護委員に鈴木藤雄氏が選任されました。

[PR]
by nakazenoie | 2015-06-05 22:25 | 市民活動