<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人のために何かをする

自立援助ホーム 「湘南つばさの家」

 昨日 親しい友人とじゃがいもをダンボール2箱届けてきました。めの出たじゃがいもを処分すると聞いていたのでぜひ分けてほしいとお願いをしました。「湘南つばさの家」は茅ヶ崎松浪の1軒家にホーム長の前川夫妻とスタツフの方が少年達が社会にでるまでの自立支援をしています。             支援会通信「羽包み」にはホームの様子や支援者紹介の記事、そして支援者のイニシャルと頂いた品物のお礼に添え、少年たちがほしいものマンガやゲーム機、アパート移るために必要な寝具など定期的に届けていただけるととても助かる品々が書かれています。食料品はもとより生活用品、彼らの暮らしが楽しくなるような楽器やスポーツ用品があるとうれしいとも。物を惜しげもなく処分していたであろう友人が支援者の仲間になってくれそうです。気持はあっても時間がとれないとの理由をつけていたのですが、お肉代をカンパできて少し気分がすっきりしました。

[PR]
by nakazenoie | 2015-09-24 22:10

全然諦めてね~ぞ

 19日 安保法制可決 

 今年の夏が暑かったのは気候のせいばかりでなく安保法制の審議でした。
よりもよって戦後70年のこの年に平和憲法をないがしろにする法案を可決させるとは。
右傾化の言葉を知ったのは30代、大根公民館の「市民の学校」での講義。自主憲法を党是として、教育基本法の改正、特定秘密法案の制定、96条にてをつけられずに閣議決定での法案制定。何より不快だったのが発言を取り消ししたものの自衛隊を「我が軍」といい、議会審議前に、夏には法案通過をアメリカ議会で約束した民意置き去りの不遜さ。まさに法案反対デモを先導したシールズの言う主権在民を踏みにじる行為。デモ参加者は階層、年齢、職業それぞれのやり方で意思表示、5日の茅ヶ崎市での反対デモも個人個人が自発的に行動。これからも改憲にむけ安倍政治はすすむでしょう。     シールズの奥田さん同様、民意を反映しない政治に市民達はアキラメル訳にはいかないでしょ。


< 

 /font>
[PR]
by nakazenoie | 2015-09-23 12:00

地域経済効果はいかに

さむかわハッピー買物券を購入

 チラシがなくとも銀行で名前と住所を記入すれば購入できると聞いてはじめてハッピー券を購入。
20%のプレミアムありで売り切れかと思いましたが購入できました。券がまだあるということは消費が落ち込んでいるのか、買いたい商品が寒川のお店にないのかとも思いました。でも購入者の住所欄に町外名があり「アレ?」と思いましたが、国民の税金ですのでだれが購入してもよいし、寒川にお金をおとしてお店屋さんが潤えばそれはそれで結構なことです。
そもそもが地域活性化のため1000億の国事業の一環ですので効果の検証が必要です。まち商工会のアンケート調査に答えると、300人に500円の商品券がいただけます。町じゅうポスターやのぼり旗がありますがどのくらいの経済効果を見込んでいるのでしょうか。


[PR]
by nakazenoie | 2015-09-04 22:57

防災の第一歩は挨拶

9月1日 防災の日
 今日から2学期が始まりました。ランドセルをしょって、傘をさし、大きな手下げ袋に宿題をいっぱいつめて子供たちが登校していきます。自治会のお祭りやラジオ体操にきた子、顔なじみになった子がふえました。たった5分の時間ですが通勤、通学の人と挨拶をかわします。すれ違う相手から先に挨拶されるときはうれしいものです.
 きょうのNHKラジオは防災特集。非常時に助け、助けてもらう状況をつくる第一歩が挨拶からと地域の自治会長さんがはなされていました。 防災教育者の片田先生は、3・11で逃げ遅れた多くの人は家族やご近所のひとを思いやっつてのこと、自分一人の命を救うことはみんなの命を救うこと、「津波てんでんこ」は親子の信頼があってのことと納得のいくおはなしもありました。
 夏休みのの思い出をむねにに登校していくこどもたちに「気をつけていってらっしゃい」
[PR]
by nakazenoie | 2015-09-01 23:15