<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ていねいに心を込めて

公民館まつり 20日

 住みよいまち・さむかわにする会はお赤飯を販売しました。休耕田で初めてのもち米を収穫。米粒も大きく精米をした農家の方に上出来と褒められたもち米です。ササゲは根岸君子さんから1番どりをわけていただきました。初めての赤飯なのでまず根岸さんの台所でメモを片手に目と耳と頭にしっかり叩き込み、出来上がりをごちそうになり、あらためて公民館で試作し、当日本番にのぞみました。前日にささげをゆで、最初のゆでじるをお玉でひやすときれいな透明感ある汁になります。といだもち米に冷ましたゆでじるを浸しておきます。ササゲをさらに2,3粒が割れるぐらいゆでその汁は補水にします。ササゲのいいかおりがします。ここまでが前日の作業。当日もちごめにササゲをいれ20分むします。途中補水しまた20分むす。これがが根岸流。ところがせいろ、アルミ、ステンレスと容器により蒸しあがる時間はバラバラ。むしあがる時間を見計らい火からおろし、1パック200gを173個つくりました。もちごめ18キロ、ささげ8合使用。1番美味しかったのはせいろの赤飯でした。根岸さんから何度も言われた「風味のある」赤飯の出来上がりでした。

[PR]
by nakazenoie | 2016-02-23 22:17

朝の陽光の中で

地域はすでに総活躍です。

 昨日の登校時の旗振り当番2人は若いお父さん、抱っこひもで赤ちゃんを保育園に連れていくお父さん、まごが小学校卒業で今日が最後の旗振りで寂しいとおっしゃるおじいさん。資源ごみの衛生指導員さんもおじいさんが1人まじっていました。地域での生活は性別、年齢関係なくみんななんらかの働きをしています。1億総活躍は経済活動を活性化させるための賃金を伴う仕事ですが、人間の活動には賃金が支払われない仕事があります。その多くの分野を女性が担ってきましたが昨今イクメン,イクジイの言葉が人口に膾炙するようになりました。地域の中で何かしらお役にたてることがあるのは生きがいにもなります。おじいちゃんに付き添われて登校していた1年生も、もうすぐ2年生。ことりのさえずりに春近しを感ずる今日この頃です。

[PR]
by nakazenoie | 2016-02-18 14:44
「みんなの学校」上映報告

 総勢370人の方々の参加がありました。ひとりでも多くの方に観ていただきたいと入場料は無料としました。おおくの団体、個人の協賛をえて実現でき実行委員一同深く感謝しております。ありがとうございました。小学生から70代まで参加者の世代は広く、アンケート回収率は60%をこえ町外からも30人近くの型方々がみてくださいました。託児児童も18人、スタッフの配備にきを遣いましたが何事もなく保護者の方に無事引き渡すことができました。町と教育委員会の後援をいただき広報に載り、チラシを公共施設、学校へ配布、タウンニュース、ジェイコム湘南の取材と広報活動の労も功をそうしました、町民が主体となり、官民協働の事業でした。多種多様な主体がつながることでまちづくりが進化していくのだとおもいました。

[PR]
by nakazenoie | 2016-02-18 13:36