<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

課題山積です

第1回(仮)寒川町公共施設等総合管理計画外部策定委員会 27日 傍聴   
 この計画はすでに庁内の若手職員たちが検討に着手していますが、今年度28年に外部委員会で策定されます。今後30年程度を見通して、施設類型ごとの今後の方針、数値目標、個別施設ごとの今後のあり方を10名の委員が審議します。最大の課題は老朽化した公共委施設を建て替える財源確保が困難であることです。建てるてかえるための貯金はゼロ、少子化高齢化により税収の減、社会保障費の増等財政が厳しい状況であることは以前から指摘されていました。これからの計画策定に当たり各委員からのコメントがありました。聖域は設けない,総量減の目標値を設ける、類似施設は減す、ハコモノだけでなくインフラも重要、広域的な視点が必要、現時点で考えている開発の位置づけの扱いはどうするのか、固定資産台帳、公会計を連動させマネジメントのシステム化が重要、国交省がプラットホー化する社会資本の情報共有を図る、公民連携の推進、住民との合意形成のあり方重要、起債充当率の高い国、政府の背策に留意する、まちづくりの柱である総合計画と連動をはかる、この計画の狙いを明確化する、歳入の希望的観測はしない、などの専門的知見に行政、議会、当事者である町民はどう考え対応していくのか?どこからどうひもといていけばよいのか。課題山積です。総務常任委員会は、5月17日山口県周南市の「公共施設再編計画」について視察にいきます。

[PR]
by nakazenoie | 2016-04-28 11:36

教師を志す若者へ

心温かくなる手紙

 この春、無事に大学に進学した青年から手紙が届きました。親から虐待をうけ経済的理由から進学を何度も断念しかかった青年です。しかし多くの支援者のおかげで教師になるゆめの実現に1歩あゆみはじめました。教師になる夢の実現に何度もあきらめかけた自分が、今度は自分が子供が夢をあきらめることのないよう手助けをしたいとて手紙にかかれてありました。むねにじんとくる決意です。
同封された支援者の方からは夢をみる余裕もなく必死に生きてきた彼が、生活が落ち着き将来を考えた時に人に傷つけられたのに、人にかかわる仕事を選んだことに驚き、しかしぜひ頑張って教師の道に進んでほしいと綴られていました。若木がたくましく大きな木にそだつまでできることをしていこうと思いました。

[PR]
by nakazenoie | 2016-04-27 12:29

新学期が始まりました

新一年生の集団登校
 やわらかな新緑につつまれて子供たちが集団登校をしていきます。
入学式では瞬きもせず、伏し目がちでじっとしていた男の子が、
今日は嬉しそうな顔で、並んで信号待ちをしていました。
高学年のお姉さんお兄ちゃんに見守られながらの班登校です。
登校時の安全誘導を始めて6年目になります。
今年、中学1年生になった生徒さんから
「おはようございます!」と、にこやかに声をかけられました。
南小学校の入学式でPTA会長の大山さんが「みんな挨拶をしましょうねっ!」と
ご挨拶されました。 
一人でも多くの子供たちと挨拶をかわせるようになると嬉しく思います。 
[PR]
by nakazenoie | 2016-04-21 22:25 | ひこばえ通信