<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

明日から冬休み

冬至がすぎて今年もあとわずか

 3駅での議会報告が終わり、登校時の子供たちと朝の挨拶。
今年は長目の冬休みです。
 前期反抗期の子供たちは、注意をすると素直には聞かずとも端を歩いてくれるようになりました。
子供たちからの挨拶も多くなりうれしい年でした。
 学力は今いちですが元気で学校に行くだけでもいいかと思える子供たちです。
でもでもなのです。とにかく家でテレビやゲームをする時間は長く、文章題は無回答の児童が多いことは由々しき問題です。
 学校の宿題を朝の答え合わせにまにあわせるため電信柱にノートをつけて書いていました。
やらないよりいいかもと思いました。が、これからの冬休み、みんな遊んでいないで勉強もしてよね。
 
[PR]
by nakazenoie | 2016-12-22 13:48

地域の先生たち

倉見駅頭報告 20日

 議会が終わると3駅とダイソー前で議会報告をしています。
寒い中、家から出て聞いて下さり感謝です。それより何よりいろいろお話をして下さりとても勉強になります。
 お連れ合いを亡くされ1人なり閉じこもりがちな人が増えたこと。
少ない年金では生活できず、少しでもで働いてお金がほしい人が多くいること。
選挙に行かない人に自分の大事な1票の価値を教えていること。
候補者の考えや、やろうとしていること、言っていることが自分の心に届いたらその人に投票すればよい、などなど。
おっしゃっていることは全て、そうだよなーと思えることばかりです。
やはりご高齢者の居場所は必要だと思いました。政策の根拠は町民の方々の声です。
 宮山駅は16日に1人でやりましたが、明日は今日と同じく、フォーラム志の佐藤正憲議員とします。
会派の主義、主張も聞いていただけたらと思います。
[PR]
by nakazenoie | 2016-12-20 20:19

ご近所の助け合い

新しい総合事業って何

 13日の一般質問は、公民館の指定管理者導入にあたっての社会教育行政の考えと、29年度から始まる介護予防事業についてです。
 歳をとっても施設のお世話にならずに、住み慣れた地域でくらせるようにするにはどうしたらいいでしょうか。国は包括支援システム(医療、介護、住まい、生活支援、介護予防)の構築を各自治体に求めていますが町はまだその体制はできていません。
 29年から始まる新しい総合事業はそのうちの生活支援と介護予防事業を広げるための事業です。
なんのためにやるのか、言うまでもなく、想定額月5500円の介護保険料抑制です。
生活支援コーディネーターが柱となって、行政と地域の団体が協働して取り組んでいかねばなりません。行政からの一方通行のやり方でなく、地域の力を生かした取り組みを支援するスタンスが行政は必要です。最後までその人らしく暮らしていただく地域をどのようにして作るのか、新しい性格の支援事業は地域で助け合いを広めるとてもやりがいのある事業です。
 それには自分事として、参加しやすい仕組みを考える協議体の役割が重要だとおもいました。

[PR]
by nakazenoie | 2016-12-11 12:08